CLAP


拍手ぜひぜひ押してください。
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
HOME
AERO CASTLE


大倉さん贔屓カノムのイラストサイトです。
RANKING
ジャニーズブログランキング

よかったらクリックお願いします。
OTHERS
SPONSORED LINKS

空中楼閣

大倉さん贔屓の関ジャニ∞ファンブログです。
転載はご遠慮ください。まったりしていきましょう〜(^Д^〜)
<< キューバ | main | 足器用 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
強い心臓
6月21日関ジャニ∞大倉忠義ラジオ好っきゃねん


忠義章大泣きません!泣きます!SP

安田章大くんで大倉忠義でした 編

Qラクロスにもゴールキーパーがいます
 ラクロスではなんと呼ばれているでしょう?

倉「ラクロスって知ってます?」
安「ラクロス知ってますよ」
倉「えっ知ってる!?」
安「ラクロスはいっぱい知ってますよ」

倉「知ってる?ゴールキーパーの」
安「いっぱい考えたけどキーパーソン」
倉「フフフキーパーソンは違うやろ
  ちゃうちゃうお前切るとこちゃうねん
  キーパーとソンやと思ってるやろちゃうって
  キーとパーソンで切んねんキーとなる人や」
安「ああそうか」
倉「天然出すなって。いいよもうじゃあキーパーソンで」




忠義章大泣きません!

メール中1の時から同じ吹奏楽部で何をするのも一緒で
 私の中で親友と呼べるただ一人の存在
 でも私が部活で伸び悩んでいた時に「下手だよ正直頑張ってよ」と
 叱ってくれましたね。裏切られた気持ちになって部活にも
 出なくなった時、「親友だからわかる気持ちもあるから
 厳しいこと言ったんだよ。一緒に頑張ろう」と言われ
 号泣しました。今でも技術力があると思わないけどもっと
 努力しようと思います。3年になっていろいろ大変だと思うけど
 一緒に頑張ろうね。大好きだよこれからもよろしくね

安「めっちゃええやん」
倉「めっちゃええコーナー」
安「家で聞いてたら泣いてるな」
倉「ほろっとくるでしょう」
安「だめだよ」
倉「僕も1回初めてやった時めっちゃいいやんこういうコーナー
  言ってたんですけどそのあとふざけるんですよここのスタッフ」
安「そのあとふざけんの!?」



忠義章大泣きます!

メール私は28歳の会社員です。職場にはシフトで採用された
 年上の男性がいます。人生経験・社会人経験も大先輩ですが
 職場では後輩になりますが人柄もよく謙虚で尊敬しています。
 でもひとつ困ったことがあります。爆発的な音でくしゃみをすることです
 ただ大きい音ではなく思わずすくむほどの爆発です
 文字で表すならだっふんと言ったところでしょう
 心臓に悪く、コーヒーをむせたりします。もしこのことを言えば
 ごめんね次からは気を付けるよと言ってくれるでしょう
 でも生理現象に対して何か言うのはとても気が引けます

安「泣けるか(笑)ハハハハ」
倉「最悪やで。めっちゃふざけてるやろ」
安「いいコーナーやったやんセット企画とかじゃないやん」
倉「ちょっと俺読むのしんどいんですよ笑い我慢せなしんどい」
安「もう笑ってたって大倉」

次はヤスくんが読みます


メール私は岡山県に住んでいるんですが岡山県って地味なんです
 兵庫と広島県に挟まれて影が薄いです。そんな岡山にも
 唯一誇れる人物がいます。それはB`zの稲葉浩志さんです
 稲葉さんしか岡山にはないんです。岡山県がもっと有名になるには
 どうしたらいいんですか?大倉くんは岡山と言えば何を思い浮かべますか?

倉「ちょ待って稲葉さんに失礼やわ
  稲葉さんしかいないんですって悲しい感じになってるの失礼やわ」

ふつおたを失礼にしてるのはこの番組ということです

安「むちゃくちゃやな」
倉「むちゃくちゃやろ。読むのうまいわでも」
安「いやいやそういうことになってくんの」
倉「そうなの。泣かれへんやろ。今日も泣かれへんわ〜」
安「泣きたいのに泣かせてよ」
倉「どういう気持ちで聞いてるのか気になるよね」
安「でも好評やったからまたやってる…」
倉「いや俺好評なのはね泣きませんだけやと思う」
安「そうやな」
倉「泣きますの方おかしいもん」

ふつおたを送る時も泣きますのコーナーに使われるかもと
思って送った方がいいとたっちょん



ふつおたをこのコーナーに使われた
リスナーさんはどんな気持ちなんでしょうね(^Д^;)




エイトレンジャーのみどころについて

・1ではキャラクター紹介って感じだったけど
 2ではひとりひとりどういう性格なのかとか細かく描かれている
・コメディ色は前回より強くなってる
・前回はだめだめなヒーローが人を救うという映画だった
 2はお金持ちになっちゃって仲間割れして深い意味があったという
 内容につながっていく
・涙あり笑いあり
・安田くんはブルー。青いヅラもつけて見た目が全身ブルーに
 なぜ青に執着してるのかということも描かれている
・大倉くんはグリーン。なぜかひとりだけ鹿児島出身だけど
 2はグレードアップして何しゃべってるかほとんどわからない
 でもなぜか劇中の中では普通に会話が進んでいく
・記録的な大雪の中で撮影したりした
・高速道路が止まってしまって千葉県の方にロケ行くのに
 7時間ぐらいかかったそうです
・トロピカルビーチで撮影するはずが砂浜の雪が解けてない
 でも監督のアイデアで塩のビーチみたいになっている

倉「まあそんなもんですかね」
安「いいんちゃいますか?やっぱこういう話を聞いて
  興味を持ってくださった方には見ていただきたい」
倉「いや僕はこの夏ぴったりやと思いますよ
  見ていただきたい」



冬なのに夏の設定で撮影するとか映画って大変なんですなあ…雪



と、ここでせっかく安田くんがいるので
なぜか弾き語りをしてもらうことにしたたっちょん

安「えー?また出た?前回やったやんか」

前回わたし鏡を歌ったヤスくん

安「ちょっと待ってえや(練習)」
倉「ほんまにギター弾けんの?」
安「なんやと思ってた?」
倉「テープ」
安「テープちゃうわい」
倉「あっはっはっは」
安「もう曲作ろう」
倉「えーっ!?」
安「エイトレンジャー2についてこれ詞にしよう」

♪2014年7月これまでにない全く新しいヒーロー映画として
 スクリーンに登場したエイトレンジャー

安「これやめようこれちゃう」
倉「いやよかったよ」
安「あれにしよう。まもりたいにしよ」
倉「なんでまもりたいやねん」
安「ハハハハ」
倉「俺の曲いいって」

♪サヨナラバス

安「マイナーなってもうた。ちょっともっかいやらして」
倉「サヨナラ」
安「サヨナラ♪ハハハハハ」
倉「すごい」
安「じゃあ大倉にこの曲だけ1曲ささげるわ」

♪いつもそばにいてくれてありがとう
 いつも僕たちを支えてくれてありがとう
 ありがとうありがとうありがとう
 生まれてきてくれてありがとう

安「ありがとうございました」
倉「ありがとうございました」
安「ちなみに今のは誰の曲でもないです」
倉「題名は?」
安「大倉忠義」
倉「えー安田章大くんで大倉忠義でした」
安「ハハハハハハ」



わーいありがとうございますー(∩^Д^∩)
いつもむちゃぶりなのにいっぱいサービスしてくれますなあ
大倉忠義素敵でした




Qラクロスのゴールキーパーは?

Aゴーリー

安「惜しいやん」
倉「惜しい!?」
安「あっ違う全然惜しくない(笑)」

アイスホッケーもゴーリーというそうです
全国のラクロッサーに応援メッセージがほしいとのメールに

安「あっわかりました」
倉「のってきてるねえ!」

♪頑張れとにかく頑張れ
 全国のラクロッサー頑張れ頑張れイエー

倉「なんか悪夢見そうや」
安「すいません」
倉「頑張ってください」


ED

当初いろんなゲストを呼んで勉強しようと思ってたのに
気づけば安田くんばっかりになっていたこの番組

安「おかしいっすね(笑)」
倉「いやでもいろいろ安田くんからも
  学ぶところいっぱいあります」
安「ほんとですか?そんなん言っていただけて
  幸せに寝れますわ」
倉「ふふっ寝るんですか?なんかほんとに

  強い心臓というかね

一同「ハハハハハハハ」
安「めげない心臓。また呼んでください」
倉「いやいやまた来てくださいよ
  いつでもお待ちしてますんで。また安田くんが来てくれると
  いっぱい聞いてくれるんですよ」
安「それはもういっぱい聞いていただきたいんで」
倉「またよろしくお願いします」
安「最後に1曲だけ歌っていいですか?」
倉「また歌うん!?」
安「サヨナラって曲を」
倉「サヨナラねありがとう」

♪サヨナラ〜

安「ありがとうございました」
倉「ええっ一言!?一言!?まさかの」
安「ハハハハハ」



いや〜章ちゃんやっぱりすごいですなあ
楽しそうで何よりです(^Д^*)






web拍手&コメント

ジャニーズブログランキング

↑よかったらクリックお願いします
| ∞おおくらじお | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
comment
comment?







TrackbackURL
http://aerocat.jugem.jp/trackback/2395
trackback